トレンドチェック(支店)8789 フィンテック


スポンサーサイト

更新日
--.--.--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想

更新日
2005.12.04
カテゴリ
8789 フィンテック
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
金曜の動きは注目してましたが、強弱どちらも様子見というかんじで、どうも方向性が見えません。

しかし、今週、信用買い残が結構減ってるっぽい。

そして、金曜の速報では、さらに228減って、641となっている。
それにもかかわらず、株価は高値キープ。

これが何を示しているか??

何ともいえません…。

ただ、そろそろ上に行く準備は出来たと見れます。

信用買い残がすくないことで、動きも軽いでしょう。
なんとなく、100万つける日も近い気がしてきました^^
スポンサーサイト

MSCB

更新日
2005.12.02
カテゴリ
8789 フィンテック
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
配当までだして、おいてMSBCで金集めるなんてMSCBとは…。
まぁ、配当と、MSCBの額では桁が違いますが^^;

ということで、本日8789:フィンテックが出したMSCBについて少し考えてみました。

個人的なポイントは、
・184億円という結構でかい金額である(2337:アセットは2回で200億、4321:ケネディクスは132億だった)
・好条件によるMSCBで、同業他社より優位性、将来性をアピール

だと、おもっています。
希薄化は、13.8%想定だが、MSCBにより設立する子会社の業績寄与で帳消しにしている。
株価が下がれば、希薄化はするが、それも限定的。
そして、業績の成長率が上っている。
(従来、2,200→3,500の58%増益が、今回2,500→4,500の80%増益)

個人的には、
・ゼロディスカウント
・オプションによる繰上償還が可能

な点は、買い手に好印象をあたえるためであって、実際にはそんなほかのMSCBとかわらないと思う。
この見返り分を、何かで返してるだろうしね。

この設立する子会社がどのくらい力のある会社になるのかわからないが、成長性は確実に上ったと思う。
ただでさえ、上方修正確実っぽい予想だったし、子会社次第では、さらなる上方修正も期待できそうです^^



8789:フィンテック研究 その?

更新日
2005.08.07
カテゴリ
8789 フィンテック
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
8789:フィンテックの第3四半期決算について考えてみました。
同時に、期末の上方修正を発表しています。

単純に利益を見た場合222%の増益です。
ここで、自分は疑問に思ったんですが、前期の第3四半期決算ってよくあったなぁっと。
上場控えて用意してたんでしょうか?
前期の中間決算は、ないので違和感を感じました。

それと特徴として、第4四半期にほとんどの利益をだしてます。
(352-137=215)
前期でみると、半分以上も最後の期です。
今回もその前提で考えると、上方修正した840をさらに上回ることになります。
ただ、社員数少ないし限界となる数字はあると思うので単純に%だけでは、判断できません。

【連結第3四半期決算業績】
売上 営業利益 経常利益 利益
中04. 6 521 165 178 137
中05. 6 1,342 796 761 443





8789:フィンテックについて

更新日
2005.08.03
カテゴリ
8789 フィンテック
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
コメントに書くには長すぎたようでエラーとなったので、こちらに書きます。

正直に個人的な予想を書きます。
AMIの決算については、会社のことをよくしらないのでなんてもいえません。
ただ、チャートは、2,3日前に100万あたりの節目を割ったので下げるかなーっと思ってました。
そして、全体の下げで、加速したとみてます。

フィンの決算については、悲観的にはみてないですが、楽観もしてないです。
根拠は、不動産流動化銘柄の決算が、好調でその要因はファンド形成フィーの増加です。
フィンテックの業務の核はこの部分なので、好調だと思います。
ただ、予想自体が既にいい数字をだしているので、決算自体にサプライズをもとめるのは難しいと考えてます。

簡単にいうと予想通りくらいの決算だすだろうけど、上方修正はない可能性が高いって思ってます。

では、8/5まで下落しないかというと、下がると見てます。
いままで、下支えしていた130万のラインを突破してしまったからです。
まだ、120万台にもラインはありますが、そこが最後です。
今日の展開がつづくなら簡単に破られそうです。

なので、短期はかなり弱気です。
中長期は、あいかわらず強気ですけど…。(笑)

テクニカル

更新日
2005.07.11
カテゴリ
8789 フィンテック
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
8789:フィンテック
既にいつ反発してもおかしくない水準に株価は来ていると思う。
ただし、今まで急騰している流れを引き継いだ場合のことである。

いったん、183万まで行って、そこからずーっと出来高細ったままの調整であるため、もう1度183万に挑戦するだろうとは見ている。

ただ、急騰のトレンドが続くならここらで来ておかしくないと思っているのである。


今個人的に考えているのは、147万が今の短期分の損切りポイントであり。
そこを割った場合の次の節目は119万。

また、以前、57万から147万までを1つの目の波とみたが、183万までを1つ目の波と見た場合を考えた。
理由としては、前回147万のときは、押したといっても5日移動平均線をわっていない。
今回は割っていて、なかなか越えられないでいる。

57万から183万までの上昇幅は126万。
1/3押しで、141万。
0.382押しで、135万。
半値押しで、120万。
0.618押しで、105万。
2/3押しで、99万。
といったかんじである。

他にも信用の買い残が急増しているのも気になる。
まだ、1日の出来高より少ないので気にするほどでもないと思っているが、普通上昇局面では、買い残は減るもののはず…。
直近、IPOだからしょうがないのかな?

今週は、まず5日移動平均線の上に行きたいところだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。