トレンドチェック(支店)4314 ダヴィンチ


スポンサーサイト

更新日
--.--.--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース(既出)

更新日
2005.12.15
カテゴリ
4314 ダヴィンチ
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
ゆう太郎さんへ、たぶん、ダヴィンチのニュースはこれです。


--------------------------------------------------------------

ダヴィンチ・アドバイザーズ<4314.OJ> は今05年12月期連結経常
利益48億円から69億円へ増額修正した。自社リートへの物件売却
が計画以上となったため、インセンティブフィーとキャピタルゲイン
が大きく上ブレしたためだ。05年10月末運用資産残高は4512
億円となり、今期末目標は4744億円だが、同5000億円程度ま
で拡大する公算大だ。昨年12月からスタートした4000億円ファ
ンドでの物件取得が予想以上であり、これが運用資産残高の積み上げ
につながっている。来期は一任型投資ファンド(1兆円ファンド)に
よるインセンティブフィーの増加が期待でき、連結経常利益111億
円まで伸長する可能性が高く、今後も成長が見込めることから注目し
たい。

[ 株式新聞ニュース]
提供:(株)株式新聞社 (2005-12-15 12:14)

--------------------------------------------------------------

情報自体は既出だと思います。
四季報にも反映済みだし。

今後もこの成長が見込めるってところが、ポイントでしょうかねー。

あと、全体的に買う物がなかったって言うのもあると思います^^;

しかし、チャートは変な形になった気がする。
力業使うから??

ただいま、シカゴの日経平均先物15,125を示唆。
明日は、安く始まりそうです-_-;


これで、投げが始まるかどうか見ものですね。
個別は、まだ耐えてる感じがあります。




そうそう、週末あたり時間があればブログも少しリニューアル??
久しぶりに少しいじって変えてみようかなぁっと思っています。
スポンサーサイト

今後の展望

更新日
2005.08.15
カテゴリ
4314 ダヴィンチ
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
いいように考えすぎかもしれませんが、自分の考えを書いておきます。

中間連結決算を見る限り予想以下だと思います。
また、決算予想も同様です。
理由は、4321:ケネディクスと比べるとってことです。

公募した、4321:ケネディクスより、1株利益少ないんだから、株価で上いくのは微妙な気がします。
公募の下げの理由は、1株利益の希薄化。
しかし、希薄化後でも、圧倒的に4321:ケネディクスのほうがいいからです。

ということで、この一見みたかぎりでは、今日4321:ケネディクス買われた方おめでとうございます。という感じです。


で、今後を考えると、安くなったところでは、4314:ダヴィンチを買いたいですね。
理由は、通期の決算予想に余力を感じるからです。
4321:ケネディクスは、公募がある分かなり予想をきわどいところまで上げてきてると思います。
逆に、4314:ダヴィンチは、公約の年40%成長を達成してますし、Jリート上場もひかえてますし最近のJリートの値下がりなどを織り込んでの最悪値といえるんじゃないでしょうか。

というわけで、直近ではインパクトのある、4321:ケネディクスが強い気がします。
(なぜ、おれは今日売ったんだ…;;)
で、次の決算あたりだと、4314:ダヴィンチのほうが期待値が高いので強い気がします。
4314:ダヴィンチは、分割もする気満々っぽいし。

どちらにしても、経常利益率なんかもかんがえるとこの値段でも安い気がしますけど^^;

不動産流動化銘柄比較 その6(4314:ダヴィンチ・アドバイザーズ)

更新日
2005.07.17
カテゴリ
4314 ダヴィンチ
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
4314:ダヴィンチ・アドバイザーズ

いろいろ見てみると、不動産ファンドの手数料収入が多いため、経常利益率が高いようだ。
この手数料収入も業績とともに順調に伸びている。

既に第1四半期の決算が発表されているが、毎年第1四半期は計画のほんのわずか分しかない。
2392:セキュアドと同じく後半で稼ぐ会社のようだ。
しかし、今回はファンド形成手数料として一時的な利益が上乗せされている。
額からして、年間の利益も大きく押し上げるだろう。
これにより上方修正しているわけだが、これが妥当かどうかは今のところ何ともいえない。

また、他の不動産流動化銘柄と比べても経常利益率がよい。
これは手数料の利益が多いためと思われる。
この手数料はファンド運営にあたり定期的に、そして安定的な収益となっている。
個人的にはこれらを総合するともう少しPER高止まりする気がする。

株価 354,000 株式数 313,000 時価総額 110,802,000,000
【連結本決算業績】
売上 営業利益 経常利益 利益 1株益(円) RER
連03.12 2,088 1,334 1,478 894 16,050 22.06
連04.12 4,156 2,938 2,695 1,730 5,964 59.36
連05.12予 6,500 4,700 4,500 2,900 9,258 38.24
連06.12予 8,200 5,500 5,400 3,500 11,174 31.68

read more≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。