トレンドチェック(支店)2005年08月


スポンサーサイト

更新日
--.--.--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカル2

更新日
2005.08.27
カテゴリ
4308 Jストリーム
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
ca040e4e.JPG4308:Jストリームみてみました。

業績面でみると、なぜこんな上るのか不思議なくらいですので、チャートだけで考えます(笑)

前回の大相場は上場直後の01~02年に変わるあたり。
節目らしいところは、
01/11/14 403,000
01/12/10 710,000
02/01/15 743,000

今回の流れの中では、
05/7/26 402,000
とほぼ同じ。
ここを昨日越えてきたので次は710,000円を目指す展開といえる。
途中にそれらしい節目もないので勢いがあれば一気にいくかも。

昨日のニュースはポッドキャスト事業。
これは、iPod関連として考えれば、ダイキサウンドと同じくらいいいニュースだと思われます。
ということで、個人的には来週かなり注目の銘柄だと思います。

スポンサーサイト

テクニカル1

更新日
2005.08.26
カテゴリ
4308 Jストリーム
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
個人的な考えでは。

4308:Jストリームは2つのシナリオが考えられると思います。
1.このまま上昇
既に前回の高値更新したのでこのトレンドが続く。
この場合、最初の目標価格は47万程度を予想。
目標価格は、勢いにもよりますが、可能性はこっちが高いとみてます。

2.Wトップつけて下落
出来高をみるかぎり1.だと思っていますが、この可能性もあります。
この場合、25日移動平均線が抵抗線となり、とまれば再度高値トライになり、割れば失速となります。

今日の40万付近でのもみ合い、出来高を見る限り1.だと思います。
途中の勢いで判断でしょう。
逆指値使えるところなら、40万くらいで損切りいれます。


チャートがきれいなのでかなり上値は期待できる気がします^^

というのも、節目になりそうなのがもう上場来高値の70万越えてるところだけ?みたいなので、これが意識される展開になると思います。
今、会社なのでYahoo!のチャートでみただけですが、後で詳しく見てみます。

転換価格

更新日
2005.08.23
カテゴリ
2337 アセット
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
新しい転換価格は、433,472円みたいですね。

正直思ったより高いですね。
40万切ってるかと思いましたが。

ちなみに、7月11日時点での会社発表の今期業績見通しで、今回の転換価格で110億円分転換するとして計算すると、
PERは33.57倍です。

これは高いのでしょうか??

ちなみに、60万円だったときに、社債発行前の株数でのPERは35.68倍です。

と、文章ではわかりづらいですね。
今度表にしてみます。

個人的には、利益50億はいくと思ってますので、それで計算するとPER25倍程度。
計算上のMax値、利益59億では、PER21倍。

↑しかし、会社の発表とかなり乖離してます(笑)
でも、よく考えてください。
第1四半期で上方修正しておいて、その後、しないって今まであまりない気がします。

まぁ、夢物語で終わるかどうかは今回の社債の使い方次第ですか??!

今後の展望

更新日
2005.08.15
カテゴリ
4314 ダヴィンチ
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
いいように考えすぎかもしれませんが、自分の考えを書いておきます。

中間連結決算を見る限り予想以下だと思います。
また、決算予想も同様です。
理由は、4321:ケネディクスと比べるとってことです。

公募した、4321:ケネディクスより、1株利益少ないんだから、株価で上いくのは微妙な気がします。
公募の下げの理由は、1株利益の希薄化。
しかし、希薄化後でも、圧倒的に4321:ケネディクスのほうがいいからです。

ということで、この一見みたかぎりでは、今日4321:ケネディクス買われた方おめでとうございます。という感じです。


で、今後を考えると、安くなったところでは、4314:ダヴィンチを買いたいですね。
理由は、通期の決算予想に余力を感じるからです。
4321:ケネディクスは、公募がある分かなり予想をきわどいところまで上げてきてると思います。
逆に、4314:ダヴィンチは、公約の年40%成長を達成してますし、Jリート上場もひかえてますし最近のJリートの値下がりなどを織り込んでの最悪値といえるんじゃないでしょうか。

というわけで、直近ではインパクトのある、4321:ケネディクスが強い気がします。
(なぜ、おれは今日売ったんだ…;;)
で、次の決算あたりだと、4314:ダヴィンチのほうが期待値が高いので強い気がします。
4314:ダヴィンチは、分割もする気満々っぽいし。

どちらにしても、経常利益率なんかもかんがえるとこの値段でも安い気がしますけど^^;

転換社債

更新日
2005.08.14
カテゴリ
2337 アセット
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
2337:アセットについて、掲示板にMSCBだという話がいろいろ載ってたのでしらべてみました。
ほぼ間違いなく売っているのは新光証券とUBSでしょう。

アセットは、今年2回の転換社債を発行しています。
第1回
3月31日
引受先:新光証券
金額:90億円
※5月26日に転換済

第1回
7月11日
引受先:新光証券、UBS AG London Branch
金額:110億円


この第2回の転換価格は毎月第3金曜日です。
転換価格は、決定日当日を含む5連続取引日のVWAP平均の90%。
下限は、416,500円です。

この内容からすると、来週の営業日のVWAP平均の90%で転換できます。
なので、実際に売ってるのがこの2社なら来週が本番でしょうから
来週は、今の価格が上らないようにしてくると思います。

逆にいうと来週以降なら上る可能性が高いです。
ライブドアの時と同じような印象をうけますので、動きも似てくるんじゃないでしょうか??

※自分の読み方が間違ってなければこんなかんじと思います。
くれぐれも投資は自己責任で行ってくださいね!

上方修正、公募

更新日
2005.08.12
カテゴリ
4321 ケネディクス
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
通期の上方修正と、公募を含めて計算してみました。
株式数は、オーバーアロットメントも含めてます。
約19%増えてます。
一株利益は、株数増加前の状態で計算したとしても1.5倍くらいになっています。
このことから、まず明日は大幅上昇でしょう。
公募のことは、この数値からしてあまり問われないと見ます。
もし、下げる場面があれば買い場だと思います。
ただ、気にかかるのが大幅な上方修正により、今後サプライズはほぼないでしょう。
これにより、既に材料で尽くしとなる可能性もあります。
まぁ、日経平均がこれだけつよければ、この割安さな下落も一時的なものとなると思います。
株価 354,000 株式数 284,000 時価総額 100,536,000,000
【連結本決算業績】
売上 営業利益 経常利益 利益 1株益(円) RER
連03.12 5,071 1,951 1,462 871 12,571
連04.12 6,052 3,190 2,733 1,633 21,739
連05.12予 12,300 6,800 4,000 14,085 25.13
連05.12前回予 7,400 4,300 3,850 2,200 9,241(株数増加前) 38.31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

不動産関連の比較

更新日
2005.08.10
カテゴリ
不動産流動化銘柄
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
2005/8/1に高値をつけてるのが多かったので、その日と8/8、8/9の動きをそれぞれ表にして比較してみました。
これで、大体の今後の動きが予想できる??
パッと見た目、4314:ダヴィンチ戻りが多いので、他が今後はがんばりそう
8888:クリードが戻りが少ないので今後期待できそう。
8902:パシフィックもそうだが、高値は7月の時なので、微妙なかんじです。
2005/8/1の高値 2005/8/8の安値 下落率 2005/8/9の終値 上昇率 高値と9日の差
8888 425,000 363,000 -14.59% 389,000 7.16% 8.47%
4321 400,000 337,000 -15.75% 365,000 8.31% 8.75%
4314 396,000 330,000 -16.67% 371,000 12.42% 6.31%
8902 513,000 422,000 -17.74% 467,000 10.66% 8.97%
2337 585,000 500,000 -14.53% 540,000 8.00% 7.69%

8789:フィンテック研究 その?

更新日
2005.08.07
カテゴリ
8789 フィンテック
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
8789:フィンテックの第3四半期決算について考えてみました。
同時に、期末の上方修正を発表しています。

単純に利益を見た場合222%の増益です。
ここで、自分は疑問に思ったんですが、前期の第3四半期決算ってよくあったなぁっと。
上場控えて用意してたんでしょうか?
前期の中間決算は、ないので違和感を感じました。

それと特徴として、第4四半期にほとんどの利益をだしてます。
(352-137=215)
前期でみると、半分以上も最後の期です。
今回もその前提で考えると、上方修正した840をさらに上回ることになります。
ただ、社員数少ないし限界となる数字はあると思うので単純に%だけでは、判断できません。

【連結第3四半期決算業績】
売上 営業利益 経常利益 利益
中04. 6 521 165 178 137
中05. 6 1,342 796 761 443





8789:フィンテックについて

更新日
2005.08.03
カテゴリ
8789 フィンテック
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
コメントに書くには長すぎたようでエラーとなったので、こちらに書きます。

正直に個人的な予想を書きます。
AMIの決算については、会社のことをよくしらないのでなんてもいえません。
ただ、チャートは、2,3日前に100万あたりの節目を割ったので下げるかなーっと思ってました。
そして、全体の下げで、加速したとみてます。

フィンの決算については、悲観的にはみてないですが、楽観もしてないです。
根拠は、不動産流動化銘柄の決算が、好調でその要因はファンド形成フィーの増加です。
フィンテックの業務の核はこの部分なので、好調だと思います。
ただ、予想自体が既にいい数字をだしているので、決算自体にサプライズをもとめるのは難しいと考えてます。

簡単にいうと予想通りくらいの決算だすだろうけど、上方修正はない可能性が高いって思ってます。

では、8/5まで下落しないかというと、下がると見てます。
いままで、下支えしていた130万のラインを突破してしまったからです。
まだ、120万台にもラインはありますが、そこが最後です。
今日の展開がつづくなら簡単に破られそうです。

なので、短期はかなり弱気です。
中長期は、あいかわらず強気ですけど…。(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。