トレンドチェック(支店)不動産流動化銘柄比較 その4(2337:アセット・マネジャーズ)


スポンサーサイト

更新日
--.--.--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産流動化銘柄比較 その4(2337:アセット・マネジャーズ)

更新日
2005.07.17
カテゴリ
2337 アセット
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
つづいて、17年2月期の第1四半期を見て行きましょう。

前年同月比での伸びがすごいんですが、それよりも達成度がかなり行ってます。
経常利益、利益は既に50%近いです。

これを受けて、2005/7/11に上方修正しています。
この予想での達成度も計算してみました。
この上方修正の数字でさえ30%以上の達成率です。
再度の上方修正は確実でしょう。
ということは、今後これを織り込みに行くでしょう。

【連結本決算業績:アセットマネジャーズ17年7月11日期時点での予想】
売上 営業利益 経常利益 利益 1株益(円) RER
連05. 2第1四半期 1,812 1,124 1,080 563
連06. 2第1四半期 4,110 2,818 2,632 1,397
連06. 2予達成度 36.05% 45.38% 47.36%



【連結本決算業績:アセットマネジャーズ17年7月11日期時点での予想】
売上 営業利益 経常利益 利益 1株益(円) RER
連06. 2 12,600 7,000 3,800 16,814 34.38
連06. 2予達成度 32.62% 37.60% 36.76%
そして、さらに個人的考えを推し進めて行きます。
この第1四半期について、もう少し詳しく見て行きます。

まず、前年の四半期での数値から今期の最終予想をしてみました。
どういうことかというと、前年の最終決算と四半期の割合を、今期の四半期にかけてます。
計算式は、
今期最終決算=今期第1四半期×前年最終決算÷前年第1四半期
です。

すると、すごい数字になります。
PER22倍程度で、伸びとしては100%越えています。

それでも、個人的にはまだ伸びる可能性があると思います。
ポイントは、不動産事業です。

【連結本決算業績:個人的17年7月11日期時点での業績予想】
売上 営業利益 経常利益 利益 1株益(円) RER
連06. 2予 17,565 10,703 9,541 5,948 26,318 21.96
連06. 2予達成度 23.40% 27.59% 23.49%
スポンサーサイト

trackback

trackback URI
http://trendcheck.blog38.fc2.com/tb.php/15-3decd7a2

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。