トレンドチェック(支店)8789:フィンテック研究 その3


スポンサーサイト

更新日
--.--.--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8789:フィンテック研究 その3

更新日
2005.06.19
カテゴリ
8789 フィンテック
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
不動産証券化の説明のページで用語とかわかるかも
メザニンローン、SPCのことも書いてありました。

■ブティック型インベストメントバンクとは
広範囲で多種多様なサービスをする巨大銀行に対し、ストラクチャードファイナンス業務のみを切り出し、より高度な専門投資銀行業務を行う
■ストラクチャードファイナンスとは
「仕組み」つまりスキーム形成を伴うファイナンス分野のこと。なかでも「証券化」は主要なプロダクツのひとつで、認知・普及とともにニーズが高まり、多様化が求められるようになっている。
案件ここの多様化は、オリジナリティの高い金融技術を必要とする場合が多く、専門的な知識の収集・ノウハウが不可欠である。
■ストラクチャードファイナンス業務の流れ
証券化を検討している一般事業法人やデベロッパー、投資回収効率化を模索している不動産投資ファンドやアセットマネジメント会社、信用補完を必要する他社アレンジャーなどから依頼を受け、ストラクチャードファイナンスのアレンジメント業務を開始、証券化商品などの金融プロダクツを組成(製造)します。
組成(製造)したスキームには金融機関や投資家市場から資金供給を受け案件を実行します(信用補完を保険市場より供給するケースもあり)。
さらに付帯的な業務として、自己資金を当社組成の金融プロダクツに主体的に投融資するプリンシパルファイナンスもあります。
スポンサーサイト

trackback

trackback URI
http://trendcheck.blog38.fc2.com/tb.php/4-2ace0e9d

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。