トレンドチェック(支店)2005/12/18 まとめ


スポンサーサイト

更新日
--.--.--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/18 まとめ

更新日
2005.12.18
カテゴリ
8923 東誠不動産
この記事へのコメント
comments : 0
トラックバックはこちらから
trackback : 0
<ポジティブ>
・不動産ファンドが当初予定以上に拡大
・不動産の価格、賃料の上昇傾向
・不動産流動化の物件は中小型物件に強いためこれから
・利益率の上昇

<ネガティブ>
・有利子負債が多い
・物件の取得価格上昇による利回りの低下

<想定するポジティブ>
・05.11期の大幅増益修正
・子会社設立による利益増
・中期経営計画の発表

<予想するネガティブ>
・公募増資orMSCB

今年の成長は、約2倍。
となりますが、個人的に、2倍に成長した企業が、年3割成長になるとも思えないです。
来期は、最低3割だが、5割増はいけるラインと見てます。
大体の不動産流動化銘柄は、PER30倍程度が最低ラインで買われているので。

3割成長の06.11期のEPS 6,552円の30倍で、株価約 197,000円。
5割成長の06.11期のEPS 7,560円の30倍で、株価約 226,000円。

これが、3月までの目標価格です。

さらに、07.11期は、

3割成長の07.11期のEPS 8,517円の30倍で、株価約 255,000円。
5割成長の07.11期のEPS 11,340円の30倍で、株価約 340,000円。


また、J-REITも07年に上場します。
なので、30万くらいは目標として妥当と思っています。



調べてわかったことは、流動化銘柄といっても、ファンドはまだ小規模で、中古物件の再販がメイン。
なので、どちらかというと、8925 アルデプロに近いかも。
ちなみにアルデプロのPERは40倍。
スポンサーサイト

trackback

trackback URI
http://trendcheck.blog38.fc2.com/tb.php/42-549af64c

comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。